CATV

人気のファンド

IP電話の前に、上手な資産運用のお話を、、、

毎月分配金を現金で得られる毎月分配型ファンド。外国債券に投資するタイプが主流のようです。
このタイプのファンドは、高齢者が購入しているケースが非常に多くなっています。
というのも、決して十分とはいえない公的年金の足しにするという目的で購入しているのがほとんどのようです。

毎月の生活資金の足しにと考えているなら、なおさらデメリットをしっかり知っておく必要があります。
毎月分配型といっても、運用実績が悪化した場合は運用側の判断によって分配金が支払われないうえに分配金の増減もあります。為替レートの値動き次第でも基準価格が大きく値下がりしたり分配金が増減することもあります。

決して、毎月どんな時でも定額の利益がえられると思って充てにして購入している人は、かなり危険ともいえます。

【ブル・ベア型】
短期国債などの短期金融資産とデリバティブを組み合わせて運用するブル・ベア型ファンドは収益性が高いということで注目している投資家は多いようです。株式市場全体の値動きを参照するということではインデックスファンドに近いものがありますが、レバレッジ効果でかなり高い倍率でのリターンが得られたり、相場下落局面でもリターンが得られるので運用の幅が大きくなるということがメリットといえます。

ベア型ファンドの場合は、マーケットの下落リスクを最小限に抑えたいというヘッジ目的で購入する手もあります。

ただ、ダブル型の場合、自分が投資したタイプと逆に相場が動くと、同倍率で損失が拡大するリスクが高くなります。
近年は純資産残高が減少していて、繰上げ償還されるリスクもあります。
インデックスファンドなどに比べ、収益性は高いが反面、全体的にリスクは高めということを忘れてはいけません。