CATV

人気低迷

地チデジ放送が始まりますが、投資もそろそろ始めませんか?

FXブームで個人投資家の間では外貨投資が長い間ブームになっています。
かつては外貨といえば、外貨建て金融商品の中核であった外貨貯金。
しかし、今となっては運用商品としての競争力はないといえるでしょう。

外貨預金のメリットを強いて挙げるのであれば、預けてあるお金を外貨のまま引き出したりトラベラーズチェックを購入できることぐらいでしょうか。円高が進み為替差損が拡大しても渡航先で使ってしまえば為替リスクの影響を受けることはないでしょう。しかし、手数料はかかりますが・・・。

外貨預金の人気が低迷してしまった理由としては、定期の場合、利率は普通預金より高いが、原則として満期が到来するまでは途中解約が認められていないということです。

どんな商品でもブームはどこかの段階で消えるものですが、投資家が取引コストの高さ、流動性の悪さなどに気づき、より取引条件のよい外貨建て金融商品に矛先を変えていくというのが人気を左右する一番の要因とみられます。

最近では米国や中国などの海外の株式市場に、現時時間に合わせて直接売買注文が発注可能なオンライン証券会社が増えていて、ますます利用しやすくなってきました。外国株式のメリットはズバリ、分散投資効果が期待できるということです。日本にはない業種の株式などを組入れれば、その効果を高めることができます。

ただ、デメリットとして考えられることは、為替リスク、信用リスク、株価変動リスクなどはもちろんですが、新興国に対してはカントリーリスクも存在するということです。新興国の株式投資の際、できるだけ業種の最大手に投資することで、信用リスクが軽減されます。

そうなると、投資する企業を厳選しなければならないのですが残念ながら中国やインドなど新興国の投資情報が少ないので、企業選びには困難を極めることが予想されます。